POSシステムとクラウドの仕組みを知って利益を上げる

中古品を導入する

レジスターの中古導入において最も注意することは、取扱説明書がない場合があるということです。レジスターは設定してしまえば簡単に色々なデータが管理でき人件費も削減できる便利なものですが、設定が難しく取扱説明書がないというのは致命的だと言えます。東芝テックには子会社東芝テックソリューションサービスでの保守契約がありますので、できれば中古導入であったとしても保守の契約に入ったほうが良いでしょう。しかし、やはり中古より新品を購入したほうが最初の設定や後々のフォロー面で安心ですので、安くて性能の良い商品を新たに購入するのが一番いいでしょう。東芝テックはレジのシェア1位だと言われていますので、性能や使いやすさは保証されていますから価格が折り合えば他のメーカーの商品よりおすすめです。

東芝テックのレジはシェア1位だということもからも分かるように、その性能はレジスター業界の中でも抜きんでて優れています。定価50〜60万円ほどのシステムレジスターで部門別や時間帯別、担当者別などいろいろな売上管理ができ、システムレジスターを導入することで経営するにおいても大変な戦力になると言えます。ただ打ち込んでレシートを発行するだけでなく、USBケーブルでパソコンと繋ぐことで連動して売上管理ができ、事務職員ひとりを雇うより費用面でも優れていると言えます。レジスターは確かに高い買い物ですが、経営は管理し分析することが最も大切だと言えますので、利益向上のためにはある意味最も確実で優れた武器になると言っても過言ではないのです。